第170回 『フウセンムシ』 (06年1月31日)

前回、ジョウビタキでは母を思い出すということを記したが、父は明治生まれの男であるから
こどもと遊んだり、面倒を見るようなことは殆どしなかった。であるから当然遊んでもらった記憶はない
例外的に一つだけ、この「フウセンムシ」の遊びをみせてくれ事であった。



夜、電灯に飛んできた「フウセンムシ」を捕え、父自身子供の時に遊んだ記憶が蘇り
見せてくれたのだと思う。
コップに水を入れフウセンムシを水に放ち、赤い紙を小さく刻んだものを2〜3入れる
やがて赤い紙は水を吸ってコップの底に沈む。
フウセンムシは池などでは水草など掴まるものが、いくらでも有るが、コップの中には無いので
水底で小さな紙でも掴まるが、翅の下に空気を蓄えているため浮力で一緒に水面まで浮いてしまう。
水面まで来ると何故か放す。と紙は沈んでいく、又フウセンムシも潜って掴まるが又浮いてくる。
この繰り返しが、子供にとっては面白いので長いこと見ていた記憶が鮮明にある。
おそらく3〜4歳の頃であるから70年も前のことである。
初めて名前を知った昆虫がこの「フウセンムシ」である。そして、こんな事がきっかけで
他の虫たちにも興味を持つようになり、のめりこみ、そのまま、今に至っているのかもしれない。
因みに「フウセンムシ」は俗称で正式には「ミズムシ」「コミズムシ」などを指す。


169回 『ジョウビタキ』 (06年1月26日)

ほんの少しでも野鳥に関心がある人ならば知っている、雀ほどの大きさの鳥である。



上の絵のような姿である。カラフルで美しく比較的低い枝にも止まってくれるのでよく見ることが出来る。
冬鳥なので見られるのは冬だけで、春には、もう少し北のサハリンや中国大陸へ渡ってしまう。
ジョウビタキの姿を見かけると、いつも晩年の母を思い出す。
母が特別野鳥に関心を寄せていたわけではないが、食事が済むと、パンくずや飯粒を庭先に撒き
食べに来るスズメ、セキレイ、ヒヨドリなどの姿を見て楽しんでいた。そして初冬から来る、ジョウビタキの
姿を見ると、「きれいな鳥が来ているよ」と指差し教えてくれる。特徴のある鳥だから私には直ぐ判る。
母は毎度のように鳥の名を訊ねる。その都度「あれはジョウビタキという鳥ですよ」と教えるが
どうも覚えられないようだ。別にボケていた訳ではない。現在の私の年齢は
最晩年の母の年齢までには未だ10年余あるが、昆虫以外の事柄に関しての記憶力は五十歩百歩である。
しかし、古いことは覚えているもので、「ジョウビタキ」を見かけると、既に20年近くも前の
母とのやり取りが思い出される。そして、パン屑を啄ばむ小鳥達の姿を、優しい眼差しで見つめていた
母の姿も同時に思い浮かべている。私にとってジョウビタキに会うことはイコ−ル、母に会うことでもある。


第168回 『腹の虫』 (06年1月17日)

数日前の朝日新聞にカメラメ−カ−「ニコン」が、フィルムカメラの生産を減らし
最終的には二機種のみを残し、「デジカメ」の生産に集中していくといった内容の記事が載っていた。
友人の薦めでデジカメを使い始めたのが確か1998年だったと思う。約8年前である。
それから既に三機種目のニコンD70であるが、デジカメの進化は速やかで、最初の機種の頃感じていた
不便な点は殆ど解消された、というよりも予測もしていなかった機能を持ち、使っている当人が
あまりに多機能で全てを把握していない。しかし、以前以上に写真を楽しんでいる。
当然アマチュアの世界にも普及し、多くのユ−ザ−がいる。ところが意外なことに
アマチュアのクラブなどに所属していて、他のアマチュよりは「レベルが高い」と思っている人(失礼)
の間ではフィルムカメラに拘って、デジカメに切り替えない人が多いようだ。
写真展の会場で、デジカメに切り替えて撮っているという60台の人から、
デジカメに切り替えてからどうも仲間外れのようになっていると聞いた。
デジカメ否定派の人も一人来たので、理由を聞いてみた。
デジカメだと、パソコンに取り込んで、画像を、どのようにでもレタッチできると云うことであった。
それも、作品を見ながら、かなり悪意の篭った言い方であった。腹が立ったので
それは、「あなた自身の問題であってデジカメの問題でないでしょう」と、はっきり云ってやったが
そのての輩は、頭がよろしくないので、その後も、ぐじゃぐじゃと作品に難癖をつけていた。
相手にせず最後に一言、「アマチュアとプロではレベルが違いますから話になりませんね」と
こちらも憎まれ口を叩いてやった。
写真の補正はデジカメ作品に限らず、フィルムでも行われる。
露光やコントラスト、色彩の補正など昔から行われていることである。
パソコンではそれ以上の事、極端に言えば捏造もできる。
であるから、それは、使う人間の、良識とか良心の問題と云う事になる。
私は昆虫の生態を被写体にしていますから、自然の真の姿を伝える事が目的です。
従ってできるだけ、人工的な手段は使わない。自然のまま、撮ったままである。
姑息な手段で画像を作り変えなければ見られないようなへたくそでないと自負している。
アマチュアが趣味で風景を撮っているのとははっきり違うと云いたい。
この無礼な輩とのやり取りがあってから既に二ヶ月も経ているが未だにこの腹の立ちようである。
最後にデジカメで撮ったままの写真を、皆様に、ご覧頂き「腹の虫」を収める事にする。


第167回 『虫の知らせ』 (06年1月12日)

昨年11月の個展の折に観に来てくれ、しぶりに会った友人Eは俳句の同人誌の編集を
引き受けているという、近況を話てくれた。勿論彼も俳句を詠むということであった。
昆虫の写真を見ながら話をしたが、さすがに自然への関心も高く、よく知っていた。
カマキリの写真の所で、「カマキリの卵の位置が高い年は雪が多い」と昔から云われているが
今年は家の鴨居くらいの高いところに卵が産みつけられていたから、この冬は大雪だなと呟くように云った。
昔から、秋、カマキリの「卵が産み付けられた位置」によって、
その冬の雪の量を、お百姓が予測する話は知っていたが、正確なデ−タ−があるわけではない。
しかし、自然の厳しい条件の中で生き抜いてきた彼ら虫たちに本能的にそのような予測能力があっても
不思議ではないと、面白がっている。甚だ科学的でないと言われそうだが、かまわない。
百姓、漁師の古老の天気予報を、当たらぬ「気象庁」の予報より遥かに信用している。
気象庁の、この冬の予報は「暖冬」と云うことであったが、記録的な大雪と寒さに見舞われている

下の写真は2002年団地の植え込み「ニシキギ」の枝に産み付けられたカマキリの卵嚢である。
左の卵嚢の位置は高く、積雪をクリヤ−しているが、右は雪に埋もれてしまっている。
高い位置でも一応、雪は被るが融けるのが早く、卵の越冬条件として有利であることは確かである。
この年も雪は比較的多かった。



昨年12月の中旬に(15日と19日)どさっと降って根雪になりその後も毎日のように降り続いていた。
正月4日、上京の朝、前日からの雪が新たに30センチ以上積もり、出かけるのに難儀をした。
駅ホ−ムの西側はリンゴや桃の畑が広がっているが、ご覧の通り大きなリンゴの木であるがが
枝に積もった雪が重くのしかかり、埋まりそうになっていた。
カマキリの積雪予測は当たった。「虫の知らせ」は的中である。
今日も又朝から雪が舞っている。


第166回 『明けましてオメデトウございます』 (2006年1月元旦)



「ちょっと一服」は今年も続けますのでよろしくお付き合い下さい。