1. TOP  > 
  2. ごあいさつ

硬式空手道「龍舞会」練心館道場

師 範:味地 淳夫
主席師範硬式空手道  「練心館」館長  空手道7段

伊丹市の空手道場 勇気、元気、負けん気、根気!集中力、瞬発力、忍耐力、記憶力!どれも空手に必要なものです。文武両道!勉強はもちろん武道の練習も頑張ってみませんか。最初は誰でも初心者です。空手の練習を通して強い心と体を作って行きましょう。護身術として、健康スポーツとして、そして精神修養として、お役に立ちます。 体験練習は、随時受け付けております。気軽にご連絡ください。心と体を少しずつ空手に慣れ親しんでください。ご都合のよい日だけ、練習にご参加ください。継続していくことが大事です。ファミリーでのご参加をお待ちしています。お問い合わせ・連絡先:080-5314-0055  E-mail: ryubu.kk@ezweb.ne.jp

道場訓十ケ条

  1. 第一条、空手道は人の道、よって人間修行と心得るべし。
  2. 第二条、空手道は修行の道、よって自分に厳しく人に優しく振る舞うべし。
  3. 第三条、空手道は仁愛の心、よって家族、仲間を大事にすべし。
  4. 第四条、空手道は融和の心、よって礼儀、信義を重んずべし。
  5. 第五条、空手道は押忍(おす)の心、耐え忍ぶ我慢を学ぶべし。
  6. 第六条、空手道は護身の術、けんか術にあらず。よって心技体を鍛えるべし。
  7. 第七条、空手道は徒手空拳、五体の武器化を修練すべし。
  8. 第八条、空手道は武術の修行、危険もあると心得るべし。
  9. 第九条、我々は武道家として正義を守り、家族を守ることを本文とする。
  10. 第十条、我々は空手家として何事にも臆せず、勇気と情熱をもって取り組むことを本文とする。

練習の心構え

一拳入魂。絶対無二の一拳。心身を挙げて一打すべし。一拳一打に技を磨き、体力を鍛え、精神力を養うべし。一拳一打に自己のすべてを発揮すべし。これが練習する心なり。
空手道の極意は上段受けにあり。上段を制すれば怖いものなし。泰然自若の構え、俊敏華麗な拳足、柔軟堅固な体づくりを目指し、不惑無心の練習を旨とする。
千日の修練を始まりとし、万日をもって極意と為す。行く道は精進して耐え、終わりは悔いなし。

練習体系

プロテクター(防具)をつけて、安全かつ実戦的な練習を行い、武道としての空手道の修練と人間育成をめざす。        柔軟運動→基本練習→移動練習→打込み練習→組手練習→型練習            修練型:平安1〜5、内範置1〜3、観空、抜塞、慈恩、慈陰、十手、汪輯、陳東、壮鎮、雲手、二十四歩、五十四歩。            試合:プロテクターを装着して硬式空手ルールに基づく試合を行う。

伊丹市の空手道場伊丹市の空手道場伊丹市の空手道場

受賞者

伊丹市の空手道場伊丹市の空手道場伊丹市の空手道場伊丹市の空手道場伊丹市の空手道場