日記前月へ HOME 翌月へ

2006年 10月



10月31日・・・いよいよ part4 ←しつこい

 昨日は朝の9時30分からの宿直付きの勤務
今まで宿直の日はいろいろな心配をしながら、家を留守にしていたのだけど、用心棒?が家にいてくれる事は助かる 用心棒にはなるけど、、、日本の生活と寒さに慣れるまでは、違った心配事はあるけどね。

今朝10時に明けで家に帰ると・・・玄関に・・・ 
ドドーン→

フィリピン臭の漂うダンボール箱が届いていた ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ〜
玄関先で「燃えるゴミ」「プラゴミ」「ダンボール」と分別してから2階に運び込み完了。
「なんでこんなものもって帰ってきたのよ〜」←ボロボロの綿シャツ
「だってさ!冷房よけに良く着ていたし、、、なんか捨てられなかった」

「そういえば、、、デジカメは?」
「ああ〜アレか。。。置いてきた」 ←ヾ(- -;)誰かにあげちゃったんでしょ!
ダンボールの箱の中には・・・エェッ!?~~~~~~~~ ゜ ゜「こんなものもって帰ってきたの」って思うお宝も。 いつか写真を撮ってUPしてあげよう。 ( ̄m ̄〃)


荷物の整理もあるけど、、、転入手続きもやっておかなくちゃ→
しっかし。。。
一気に用事を済ませたいのに『転入されて一時間ほど待っていただかないと印鑑登録はできません」って。ブー ( ̄Σ ̄;)ブー ブー忙しいのに〜

仕方ないし。。。手続きの合間にKaba-sanリクエストのお蕎麦で昼食
←市役所に近い『山喜や』さんへ(ちなみに山喜の喜の字は七を3個重ねて書く)
格安&お味も良しでKaba-san納得。


今日一日は休んで片付けと思ったけど、、、夕方からはご出勤!←飲み会でね
明日は11月1日で新しい職場?(部署)での仕事になるのだから、、、「飲みすぎ注意」と送り出したけど、、、ホント忙しいよ。お互いに。


(..=) (=・・=) (= ¨ )クンクン…
ナンだ?この怪しい箱は
いったい何時になったら片づけができるんだろう?




10月28日・・・いよいよ part3

 いつもの空港送迎タクシーに乗って・・・Kaba-san到着 
いつもの一時帰国の時と同じスタイルで、、、タクシーの運転手さんに頭を下げて、、、玄関前に降り立った。

ただ、、、ひとつ違うのは、、、戻る日を心配しなくてもいい事

ニャン子に(=`ェ´=) シャーーーーと睨まれて苦笑い
「クロス、、、これから毎日いるんだからね」

←貴重品?の店開き〜〜〜。 ̄m ̄ ふふ「何がでてくるのかな?」
隣の部屋でTVを見ていると・・・「o(〃^▽^〃)oあははっ♪」Kaba-san一人で何やら笑っている。
(・_・?)・・・何・・・それ?→→→
会社のローカルの人たちがTシャツに寄せ書きをしてくれたって。(ToT)感動ジャン

明日が日曜日でお休みでよかったよ。夜中までゴソゴソPCをイジッていたけど、、、お疲れ様。



10月27日・・・いよいよ part2

 今日は荷物の搬出を行ったとの事。 w( ̄o ̄)w オオー!いよいよですね
で・・・「荷物なんだけど!!100キロで9箱になった」
で・・・9箱の内訳は衣類1箱で残りは本やCDなどの重いものらしい。
うちの本箱や棚は今は満杯なのに、、、どこに収納しようか?
そういえば、、、前回の台湾時代の荷物も今だ天袋に入ったままのものもあるしな。

荷物の問題は、、、なんとかなるだろうけど、、、もっと問題は



これから来るべき冬を乗り越えられるか?
一日一日と気温が低くなり、、、氷点下の地での生活に絶える事ができるのか?
長い南国暮らしで毛穴も細胞も南国仕様になってしまっているだろうな? 

ε- ( ̄、 ̄A) フゥー
朝6時40分台の電車で出勤
12時近い終電での帰宅
再びそんな生活になるのかな?

ホント大丈夫か?σ(-_-)ワタシ


10月25日・・・いよいよ

 さてさて!
今週末には、、、Kaba-san帰国←予定←(^▽^* Ξ *^▽^) イエイエ♪もう予定ではありません〜確定ね。
毎週毎週休みの全ては「最後のゴルフ」と出歩いていて荷造りもままならなかったようだけど、、、
昨日の祝日(フィリピンは祝日)に『最後の最後のゴルフ』に行って・・・いよいよ帰国の準備に入った←・・・と・・・私は思っているのだが???
ダンボール箱5箱で出発したのだから、是非5箱で帰ってきて欲しい〜〜〜
9年前は小さかった子ども達は・・・荷物も多くなり、態度も大きくなってスゲエ〜場所を取っているし、、、ニャン子も同居になって我が物顔で飛び回っている。

Kaba-sanの使っていたタンスは・・・Kinuが使用中〜

〜〜〜〜〜((((((ノ゜凵K)ノあぁ〜〜〜〜〜やる事いっぱい〜〜〜〜



 
 お父さんの転勤話を子ども達にはそれとなく耳打ちをしておいたが
「辞令が出るまでは一応内密に〜〜〜」と9月の頭に言われていたし、、、一人胸の中で温めていた((^O^)ヒ(^-^)ミ(^・^)ツ)・・・とは言え・・・もう10月も半ばジャン。
(^|0|^) オーイ!!本当に帰ってこれるのよね?


そんな訳で ジジ&ババにはまだ何も話してなかった。

ババに話すと「
アッという間に広がってしまうし〜」 ( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

さて、、、辞令はどうなっているのか分からないままだけど、 なんか後任者は着任したそうだし
約2週間で帰任・・・の予定らしい ←ヾ(--;)ぉぃぉぃ 本当に大丈夫か?
ただ、、、こっちにもいろいろ予定もあるのでKaba-sanに確認の上昨夜

発表〜〜〜
「この度おとうさんが帰国になりま〜す」

「ああ〜〜〜良かったア●ちゃん(旦那の名前)帰ってきてくれれば・・・安心だわ」

でもそんなババの言葉にAsaが
「おかあさん!!お父さん帰ってくると、、、朝とか大変になるよね」 とポツリと呟いた
そうそう・・・今までの様にAsaの「間に合わない〜〜〜学校へ送って」のバタバタはできなくなるからね。

しか〜〜しババは「おかあさん大変になるね」がどうも気に食わなかったらしい

「おかあさんだけじゃない!私だって大変になるのに」とえらくご立腹〜

確かに私が宿直の夜はご飯の用意が一人分多くなるだろうし
早い送り出しにも気を掛けてもらうようになる・・・かもしれない?

うーん!! そうか、、、
そんなババへの負担や、それに伴うフォローも私に掛かってくるんだよね。

うー!自分の親ゆえ面倒だ ←本音

旦那が海外赴任中の今の、、、この距離。なんだかんだと言いながらも、私にとっては調度いい距離だったのかもしれない。 頼りたくても頼れない距離ゆえに頑張ることもできた。
「大変だね」と言ってもらえる心地よさもあった。

そしてなによりも・・・
いつもお互いを心配しあえる距離だった
お互いの存在を感謝しあえる距離だった
優しい気持ちで思いやれる・・・そんな距離



そして一緒の時間を大切にできた。


この前Kaba-sanが帰ってきた夢をみた。
心の中できっと準備しているんだろうな ←σ(・・*)アタシ

帰ってきた旦那は・・・洗濯している〜〜〜 ←(-m-)ぷぷっ

でももその洗濯の仕方が、、、私は気にいらない ←( ̄∇ ̄;)
「なんでそんなにシワシワで干すんだ〜」って夢の中で怒っている



一緒に生活できる日を望んでいたけれど
夜中にフッと目が覚めて手の届く場所にいて欲しい そういつも言っていながら・・・
大丈夫か?σ(・・*)アタシ