展示作品




■ 幡野広志 写真展

  
いただきます、ごちそうさま。

 カメラマンでありハンターでもある幡野広志氏が記録した狩猟写真展を開催することになりました。幡野氏は2017年、34歳の若さで末期ガンを宣告され、自らの死と向きあいながら写真を撮り続けています。
 いうまでもなく私たちは、動物であれ植物であれ、日々他の生命をいただいて自分自身の命をつなげています。
人類は誕生したその日から狩りを行っていますが、狩猟ということは残虐行為ではなく、命をつなぐという自然の営みの一部であり、幡野氏の写真は生きるということがどういうことなのかを真剣に考えさせてくれることと思います。
 本展では、幡野氏が狩猟現場で撮影した数千枚の写真のうち、厳選された30余点が展示されます、お出かけください


■ 場 所 浅間縄文ミュージアム企画展示室 
■ 期 間 2018年12月5日(水) 〜 12月24日(月) 
■ 休館日 12月10・17日
■ 観 覧 無料 【常設展は有料となります】
■ お問合わせ 博物館 0267-32-8922