平谷村の有名人

昭和60年発行「わたしたちの平谷」より

林 芋村(はやし うそん)
『深雪(みゆき)せる野路(のじ)に小さき沓(くつ)の跡(あと)われこそ先に行かましものを』

平谷から売木に向かう国道148号線沿いにこの歌を刻んだ歌碑があります。

平谷湖の近くに住みながら、平谷の学校で先生をされていたのが「林 芋村」でした。

この歌は・・

「深い雪の降った朝、自宅から学校へ行く時、先に行った子供達のワラ靴の足跡を見つけ、子供達への愛情と自分を責める気持ち」を詠んだものです。
 

林先生の逸話を紹介します。


【校長室の窓ガラス】

ある秋の昼休み、学校の狭い校庭で大勢の子供が遊んでいる時。

 ガチャーン

校長室の窓が大きな音とともに割れました。

「おい!そこの子供!ここに来い!」

校長先生が割れた窓を開け、大声で怒鳴りました。

「お前は何年だ!名前は何と言う!自分の名前が言えないか!」

その声はますます大きくなり、割ってしまった子供はおびえていました。

その時、林先生は校長室の窓の下まで来ると、怒りに満ちた表情で言いました。

「校長先生なんですか!生徒の名前も学年も知らないで!それで注意や世話ができますか!」
 
唇をふるわせて抗議したのでした。

 * * * * * * * * * * 

林芋村先生は、千代(飯田市)に生まれ大正4年(1915年)より平谷で代用教員となり、15年間教鞭をとりました。

生活はとても貧しく、年老いた母親と子供を養育し、畑を開墾しながら教育に情熱をそそいでくれました。

独学で「万葉集」を学び、短歌を詠んでいたようです。


そして昭和4年4月3日植林中に、太い古木の下敷きになり44歳の若さで亡くなったのでした。

その10年後、教え子たちが「10銭」ずつ出し合ってお墓の碑を建てました。

また「深雪せる・・・」の碑は、林先生が亡くなった3年後に同僚だった『西川繁次郎先生』が、林先生の人柄を残そうと当時のお金で15円(今なら20万円位)の石碑を建てたということです。

 * * * * * * * * * * 
『深雪(みゆき)せる野路(のじ)に小さき沓(くつ)の跡(あと)われこそ先に行かましものを』

昭和58年にこの詩に曲がつけられ、三部合唱になりました。

高嶺祭(小中学校文化祭)では、教員全員で歌うのが恒例となっています。

昭和61年12月に国道の改修工事が行われた時に、移転し説明の立看板を建てました。
平谷小中学校にある壁画です。

北原新平先生作