平谷村の事件   



明五郎(みょうごろう)

今から300年ほど前なので江戸時代の話です。

自宅「松野屋」は、何代も続いている家系です。

現在は新築しましたが、私が嫁いで来た時は100年以上前に建てたかのような古い大きな家でした。

宿場町だったので宿屋をしていました。

「明五郎」(漢字は当て字です。)という人が「松野屋」に泊っていました。

昔の楽しみといったら「賭け事」です。

しかし、お金をかけた勝負は禁止されています。

「松野屋」には役人が来たら隠れられる「ムロ」(一坪ほどの地下室)があり、絶好の賭博場でした。

明五郎はとても賭け事が強く、そのせいでトラブルが発生しました。

お侍さんなので「刀」をさしています。

昔の家(特に2階)の天井は低く、明五郎は刀を抜いたのですが、その天井に剣の先が刺さってしまったのです。

その隙に斬られて殺されてしまいました。

お客様というだけの縁ですが、お墓を建て毎年8月15日にお参りしています。

「賭け事が強かった」ので、「勝負の神様」としてお参りする人もいます。

長男である主人は何度もここに来ています。

でも・・・

勝負はトコトン弱いです。