季語入門−日本人の感受性の歴史を探る−

 

季語が誕生する過程をさぐりながら、日本人の美意識を考えます。あわせて、今期から芭蕉の季語に関し、鑑賞を深め、その新しさを明らかにします。

 

講師(敬称略)

 

俳誌「岳」主宰、信州大学名誉教授 宮坂静生

 

曜日・時間(期間)

 

第1(火)10:30~12:30

 

受講料

 

6カ月分 10,040円

 

教材費

 

500円(コピー代など)