松尾芭蕉によって「桟や いのちをからむ 蔦かづら」と詠われた木曽の桟は、中山 道木曽路一の難所で木曽八景の一つ。