すこう福祉会のご紹介

すこう福祉会の理念

障がいのある利用者とその家族が、この地域で働きながら、あたりまえに生活できる幸せを求めて事業に取り組んでまいります。
それには、安心で安全な施設運営に努め、利用者と職員の絆、職員同士の絆、地域の人々との絆を大切にします。

<経営方針>

  • 利用者及び利用者の家族の人権を尊重し、それらを支える職員の幸せを追求します。
  • 利用者の安全を確保し、その特性を大切にして、働くことに喜びと希望を持ち、生きがいのある生活ができるように支援します。
  • 地域の人々と交流し、明るく開かれた施設運営に努めます。
  • 持続可能な健全経営と、情報の公開に努めます。
  • 関係法令を遵守すると共に、職員には各自の役割を明確に認識させ、職務を的確に遂行できるよう努めます。

障害福祉サービス事業

障害者自立支援法が施行された平成18年10月から下記の3事業を行っています。

就労移行

就労を希望する障害者に対し、一定の期間、生産活動などの機会の提供を通じて、就労に必要な知識および能力の向上のために必要な訓練などを行なうサービスです。

養護学校の卒業生から、一般就労の経験がありながら何らかの事情でわらしべに通っている方が、2年間就労を目指して施設内外の作業、実習、求職をしていきます。その方にあった実習先を開拓、これまでに食品加工会社での包装作業、個人農家での農作業手伝い、役場、社協や会計事務所での事務職実習、図書館での書籍整理など地域の中での実習をさせていただいています。また、これまでの就労先としては長野県庁、ゆうちょ銀行での事務、縫製会社での縫製作業、食品加工会社での包装作業、下ごしらえ作業と多岐にわたっています。

就労継続支援B型

就労経験のある障害者などに対し、就労の機会を提供するとともに、生産活動などの機会の提供を通じて、その知識および能力の向上のために必要な訓練などを行なうサービスです。

働きたいという強い思いがありながら、体力、年齢などからわらしべの中で支援を受けながら働き続けたい方が主です。しかし、就労移行支援の2年間が終了したものの、希望の就労先と出会えず、引き続き就労を目指している若い方もいます。外での実習の機会があれば行うとともに、わらしべ内の作業も他の作業を経験できるよう対応しています。

生活介護

常時介護を必要とする障害者に対し、主として昼間において、障害者支援施設などの施設で入浴、排せつまたは食事の介護、創作的活動、または生産活動の機会を提供するサービスです。

日中介助を受けながら、作業も行います。入浴をご希望の方は生活介護を利用していただいています。入浴はご家族の方の介護負担軽減を目的に4つの浴槽(特殊浴槽、リフト浴、一般浴、個浴)でその方に合った介助を行っています。ご自宅での入浴が難しい方が半数以上となり、重度、高齢化していますが、安心、安全な介助を行っています。
作業の間に休憩を多く取り、レクリェーションをしたり、横になる必要がある方には休む場を用意したりと、障害や体の状態にあった支援をしています。

相談支援事業

平成24年9月より、指定特定相談支援事業を行っています。障害福祉サービス等を申請した方について、サービス等利用計画の作成、及び支給決定後のサービス等利用計画の見直し(モニタリング)を行います。地域に根ざした相談支援事業所として、多様な相談に対応しています。

施設のご案内

営業日時
月~金(土・日・祝祭日 適宜)
午前9:00~午後4:00
定員
39名
就労移行支援:8名
就労継続B型:15名
生活介護事業:16名
事業者指定コード
2010700033
敷地
総面積:2,526.34㎡
建物
面積:1,099.8㎡
(鉄骨平屋建、一部鉄筋コンクリート造、地下1階鉄板葺)

理事長・施設長あいさつ

理事長:山崎照夫

~あたりまえに生活できる幸せを求めて~

1991年ワークハウス・わらしべが開所し、今年で22年が経過しました。諸先輩のご尽力と大勢のボランティアの皆さんや職員の絆に支えられて、利用者や家族のニーズにこたえられる施設運営が、やっとできるようになりました。

このたび山口長志の退任に伴い、後任として私が理事長に就任いたしました。つきましては、全力を尽くして法人の運営に精励いたす所存でございますので、今後とも一層のご指導ご鞭捷を賜りますよう、ひとえにお願い申し上げます。

施設長:神田幸江

障害を持った仲間たちに働く場をという当事者の思いから始まった「ワークハウスわらしべ」。当時の理事長、職員、仲間とぶどう畑の木を切るところから始めた当施設は、平成17年に須高地区初の「身体障害者通所授産施設」と「身体障害者デイサービスセンター」として開所しました。

開所1年で制度の改革という大きな壁にぶつかりました。当時「長野県内で一番影響を受けた施設」と言われたときの行き場のない思いは忘れられません。

そんな厳しい中でしたが、現在は就労移行支援、就労継続支援B型、生活介護の3事業を展開、それぞれの仲間がご自身に合った作業をして日中を過ごしていただいています。

これまで多くの仲間との出会いがあり、仲間や家族の思い、人と人との繋がりが大切であることを実感し、仲間のニーズに応えながら日々支援にあたってきました。また、支援する会の方、ボランティアの方との出会いとご協力から、安心で安全な施設運営ができたと感じています。皆さんへの感謝の気持ちを忘れず、日々仲間と向き合える場であるよう職員一丸となり対応させていただきます。

今後も地域に求められる施設を目指してまいりますので、何卒よろしくご支援賜りますようお願い申し上げます。

公開情報

※ ブラウザがIEで、表示されない場合は "Adbe Reader XI" を ここから インストールして下さい。