社会福祉法人長野県聴覚障害者協会の沿革


昭和
23年 4月 長野県ろうあ協会発足
47年 6月 第21回全国ろうあ者大会を長野市にて開催
48年 9月 日曜教室事業開始
10月 機関紙「長野県ろうあ協会ニュース」発刊
49年 1月 第7回全国ろうあ青年研究討論会(下諏訪)
50年 4月 機関紙「ろうあ信州」に改称
51年 6月 長野県聴力障害者交通安全協会結成
56年 7月 民法11条改正全国的運動による請願を県会へ提出、採択される
8月 第14回全国手話通訳問題研究集会を長野市にて開催
58年 1月 協会事務所設置(長野市三輪)
59年 4月 協会名称「長野県聴力障害者協会」に改称
60年 4月 県委託「ろうあ者相談員事業」開始
10月 「手話通訳制度化」パンフ普及運動展開
61年 7月 機関紙「ろうあ信州」第三種認可
63年 4月 県庁障害福祉課に専任手話通訳者設置

平成
元年 1月 県警察本部にFAX110番設置
2年 4月 松本地方事務所厚生課に専任手話通訳者設置
4月 県委託「字幕付ビデオライブラリー事業」開始
3年 5月 機関紙「ろうあ信州」100号達成
4年 4月 上伊那地方事務所厚生課に専任手話通訳者設置
6年 4月 上小地方事務所厚生課に専任手話通訳者設置
4月 長野県障害者スポーツ協会発足、県聴力障害者協会と体育部が加盟
6月 長野県障害者福祉センター併設の聴覚障害者情報提供施設の構想具体化
8年 7月 社会福祉法人設立準備委員会発足
10月 全日本ろうあ連盟創立50周年中央キャンペーン企画
「知事と語ろう全国ろうあ者キャラバン」県庁にて実施
9年 8月 社会福祉法人職員採用試験実施(聴覚障害者情報提供施設)
9月 社会福祉法人長野県聴覚障害者協会認可
10月 協会名称「社会福祉法人長野県聴覚障害者協会」に改称と同時に
長野県聴力障害者協会解散
10年 4月 長野県障害者福祉センターオープンと同時に聴覚障害者ライブラリー開所
4月 社会福祉法人長野県聴覚障害者協会事務所を
長野県障害者福祉センターに移転
4月 長野県障害者福祉センター内売店、自動販売機設置
4月 佐久地方事務所厚生課に専任手話通訳者設置
10月 聴覚障害者の差別法令改正の署名運動開始、自治体への陳情交渉
11年 4月 県聴覚障害者情報提供施設へ字幕挿入装置貸与
4月 長野県共同募金配分決まる
4月 手話通訳養成事業に手話奉仕員養成講座年20回、
手話通訳養成講座年19回開講
10月 機関紙「ろうあ信州」200号達成
12年 4月 要約筆記奉仕員養成事業に要約筆記養成講習会年5回開講
12月 県より訪問介護員養成研修事業(2級課程)に指定される
13年 4月 下伊那地方事務所厚生課、木曽地方事務所厚生課、
北安曇地方事務所厚生課、北信地方事務所厚生課に専任手話通訳者設置
5月 聴覚障害者等訪問介護員養成研修2級課程開講
6月 信越電波協力会より情報通信機器寄贈
14年 4月 要約筆記奉仕員養成事業に要約筆記奉仕員養成講座基礎課程年7回、
応用課程年5回開講
15年 6月 長野県議会傍聴席に手話通訳者配置
15年 9月 第37回全国ろうあ者体育大会、長野市にて開催
16年 4月 長野県共同募金配分事業
「在宅高齢聴覚障害者生活支援モデル事業」開始
17年 10月 「聴覚障害者情報提供施設の名称の改称について」 長野県議会採択
18年 4月 長野県聴覚障害者情報センターの指定管理者に受託
10月 第36回全国ろうあ婦人集会 長野市にて開催
19年 6月 第49回北信越ろうあ者大会 長野市にて開催
12月 当協会のホームページ開設
20年 2月 機関紙「ろうあ信州」300号達成
22年 5月 第60回長野県聴覚障害者体育大会 南箕輪村にて開催
10月 第22回全国ろう高齢者大会・第24回全国ろう高齢者ゲートボール競技大会・
第1回全国ろう高齢者グラウンドゴルフ大会 松本市にて開催


トップページに戻る