河中志摩夫の『新釈 眞田十勇士』ライナーノート5

「名前の呼び方」

 本作でちょっと拘ったのは人の呼び名です。「時代劇」ではわかりやすさを重視して、歴史上馴染みのある名前でキャラクターを呼ぶのが通例になっています。徳川家康なら「家康どの」と呼ばれたりするわけです。

 ただ、個人的にこれには違和感がありました。

 現代では姓(せい)と名に単純に分かれていますし、戸籍上はそれぞれが一つですが、当時の日本人(武士階級以上)の名前はややこしく、姓には「氏(うじ)」と「苗字」があり、名前には通称である「通り名」と本名である「諱(いみな)」があります。
 「氏」は源平藤橘に代表される血統ごとの出自を示すもので、氏姓制度の下ではそれによって血統ごとに“分類”されていたわけです。ところがそれでは分類が粗すぎるということで、便宜上何処の家の者か判りやすくするために分家などが別の名を持ったのが苗字です。徳川家康でいうと氏は「源」、苗字が「徳川」ですし、眞田幸村でいうと氏は「滋野」で苗字が「眞田」という訳です。豊臣秀吉は出自がはっきりせずに氏を持たなかったので、「豊臣」という氏を新設させた訳です。だったら現代人の「姓」は「苗字」とイコールか、というと、例えば「藤原」さんのように「氏」が「姓」になっている場合もあるわけで、単純には行きません。
  また、現代の民法で姓を変えるのは(結婚とか養子縁組以外では)殆ど無理でしょうが、この時代はコロコロ変わります。徳川家康にしても最初の苗字は「松平」でしたし、氏も「藤原」だったのが、「源」に乗り換えています。幸村も秀吉から「豊臣」姓をもらっていますから後半生は正式には「豊臣信繁」です。(ピンときませんがね………)
  名前はもっとややこしくて、通称も本来は元服時に親(や主君)から付けられた「通り名」(幸村で言えば「源次郎」)と、任官した時の「官途」(同じく「左衛門佐」)がありますし、官職が変わればそれにあわせて通称も変わります。その官途も正式なものと略称(「伊豆守」→「豆州」とか)、他にも唐風の言い方(「中納言」→「黄門」とか)を使う場合もあります。他にも子供の頃の幼名(幸村だと「弁丸」)や、出家した場合の法名(同じく「好白」)、死後の贈名や戒名(武田信玄だと「法性院」)などが使われる場合もあります。つまり同じ人を指す場合でも、その時その時で「呼び名」は変わるのです。
  また「諱」が所謂「本名」ですが、これは本来は「忌み名」で、通常は使うのを憚るものです。(これは「呪術」的な側面があります)諱で呼ぶのは目下の者に対してか、相手を見下して言う場合に限られるのが本来の形です。通常は使用を避けるのが礼儀です。

  そういったことを踏まえた上で、その時その時のなるべく適切な「呼び名」を使ってみようとしています。ややこしくなるので普通はやらないのですがDVDを前提にしたつくり方なので、敢えて挑戦してみようかなということでした。

  しかし残念ながら今回のDVDでは、その辺のフォローが望めなくなりました。そこで特典として付ける「解説本」でフォローしようということになったようです。用語に関してもかなり詳しい解説をつけるということで、現在その原稿を書いています。ちょっと基準が難しいのですが、「中学生でもわかるように」ということですので、歴史用語ばかりでなく少しでも難しい言葉には「解説」をつけるようにしました。その分、DVDのテロップなどより懇切丁寧で突っ込んだ説明が加えられるようになったからまぁ良し、 としましょうか。


次回へ

河中志摩夫のコラムのトップへ

『新釈 眞田十勇士』トップへ