4月20日

カタクリから水仙にバトンタッチ。





タンポポと浅間山の雪が同居は珍しい光景です。



ドングリが実生で伸びそうな光景



四世代カラオケ
子供達の初めて聞く歌と
母のための選曲は賛美歌がなかったので銭形平次と水戸黄門
そして皆で歌ったのは「花は咲く」







大島から帰ると大雪

実感としては20センチくらいかな?





鹿児島県の奄美大島に行ってきました。



石ころだらけのホノホシ海岸はこの島では珍しく波が荒い。





このような静かな浜が多い







海底を覗く遊覧船(細い魚が見えるかな?)や田中一村美術館も堪能。






残念な雨のため思いがけない着付け体験!
はじめはいやがっていた5年生もママもご満悦!



左の藁葺き(?)は高倉といい
食物貯蔵のためのものだそうで奄美のあちこちにありました。






春がようやく見えてきました。

ふきのとう味噌を今年はアレンジ
酒粕ベースのごま油炒め。これがなかなか評判がいい!





友人から運ばれた薪でまだ薪ストーブのための薪割りを欠かさない夫。



薪を運んでくださった友人の車が通った後はシミが溶けた土がぐちゃぐちゃ。



秋の名残がそのまま残り、イヌフグリすらでていなかった。




3月1日の雪はまさに春の雪。
お日様とともに溶けて無くなりました。



カーリング男子の報告会

県知事を含めたくさんの来賓と応援するファンクラブの方達や町の人でいっぱいでした。
女性コーチは以前一緒にテニスをしたことも有る人ですが彼女の言葉に一番感動を覚えました。
「チームで失敗したショットに対して何も言わないのがこのチームのルール。本人が一番わかっているので次どうしたらいいかを考えるのが一番大事。」
いろいろな場面で言える言葉ですね。彼女が一番感動したのはオリンピック出場が決まったそのときだったそうで確かに出場できる事だけですごいことですね。
今度のオリンピックが中国でなければ私も応援に行きたい気持ちになりました。





カーリング体験に行きましたが何よりすべて楽しませてくれるプログラムで
最後は設定された場所で講師が客のスマホで写真を撮ってくれる。
皆とっても楽しみ、大汗かいて、大笑いの一時間でした。






これは町で主催の年寄り(!?)向け健康管理の催し
役立つ講演と測定、食事
右は魚を選んだ人、左は肉・・。雑穀米がおいしかった〜・






青空の中のなご(樹氷)はうつくしい!








長く更新できなかったので写真がずいぶん変わります。

朝、子供を送りに行った娘の「結晶がきれい!」の言葉で
撮ってみた。確かにきれい!
(車についた結晶です)




毎年恒例の一番近い神社にお参り。
願いは家族の心身の健康と商売繁盛
かなえるための努力は怠らないようにします。



今年は冬らしい冬で寒さも厳しい。



一月にけんしゅうにひっかけ京都に四日間も行っていました。
久しぶりの一人旅で迷いながらも楽しんできました。





研修はフェルト細工




二日間の講習はハードそのもの。
体中に痛みを抱えた日々。



研修後はバスツアー堪能








いろいろ感じ楽しい旅行でした。
普段車で動く私。買ったものをすべて歩いて運ぶきつさにびっくり!




寒い朝
ダイヤモンドダストが虹の中に美しく光っていた。







ダイヤモンドダストのなか二重の虹。
なんとも幻想的な朝でした。普段なら8時ともなるとダイヤモンドダストは見られませんが
今朝は8時半頃まで続きました。(17日)








冬用の製品を娘が作っています。人気の雪だるま。





シルバーウィークにかけてのイベントは
普段店で出会えない方々との出会いの場になりました

遊び心で作った物たちが人気でした。






小さな子供のフェルト作品




死んでしまったチャイだが、次の犬が来るまでは・・・・・。







 


戻る